ホーム > 入れ歯(BPSデンチャー)

入れ歯(BPSデンチャー)

精密義歯 BPSデンチャーとは

・自然な見た目で美しい
・痛みが少ない
・外れない
・よく噛める

BPSは、入れ歯(義歯)に高いこだわりを持つ患者さんが要求する品質の高い入れ歯(義歯)を作成するシステムで世界で多くの国が導入しており、ヨーロッパの入れ歯専門ドクターとイボクラールビバデント社(歯科用精密機器メーカー)が共同開発したシステムです。
これまでの入れ歯の概念を覆す程、口腔内の形態を精密に型取ることができ、革新的な制作システムを取り入れて入れ歯(義歯)を作成します。

 

BPSデンチャー3つの特徴

 1  精密にシステム化
制作工程が徹底してシステム化されており、「見た目がいい」「痛みが少ない」「外れない」「噛める」を実現した入れ歯を作れるデンチャーシステムです。
システム化することで、歯科医師と技工士の連携がスムーズ且つ正確に取ることができます。また、BPSデンチャーを作成する歯科医師、技工士はイボクラールビバデント社のトレーニング、試験を経て、「BPS公認歯科医師」「BPS公認歯科技工士」として認定され、認定者のみBPSデンチャーを作成することができます。


 2  精密な型取りによる抜群のフィット感
快適でフィット感のある入れ歯を作成するには、口腔内の形態を正確に型取ることが重要です。
従来の入れ歯は上顎、下顎を別々に型取りをしていましたが、BPSデンチャーは上顎、下顎の両方を同時に型取り、口腔内の筋肉や舌、唇なども型に反映せることができ、口腔内を正確に反映させることができます。
そうすることで、外れにくく、噛みごこちのいい、抜群のフィット感を出すことができます。
また、型取りを行う際は、技工士立ち会いのもと行いますので、より正確に型取りをすることができます。


 3  品質の高い素材
BPSデンチャーでは、入れ歯のベースになる素材にイボカップ(加熱加圧精密重合レジン)を使用して作成します。
従来の入れ歯では、重合させる際にどうしても若干の変形が生じてしまい、細かい数多くの気泡が固まった入れ歯の中に入ってしまいます。
イボカップは6気圧で加熱加圧填入するので、気泡が入らず密度が高く、温度による変形が非常に少なくできます。
また、入れ歯の中の気泡は変色や臭いの原因となり、その気泡が無いことは、変色、臭いを防ぐことができます。
更には、密度が高く、強度が高いため、薄い入れ歯を作成することもできます。

このような方におすすめ

・今の入れ歯に不満のある方
・これまで何回も入れ歯を作ったがいい物に出会えてない
・総入れ歯が合わなくて困っている
・食事を楽しみたい方
・品質の高い入れ歯を短期間で作成したい方
・歌や会話を楽しみたい方

総入れ歯でお悩みの方へ

・総入れ歯で固い食べ物が噛みにくい
・総入れ歯が動いて違和感がある
・外れない


当院では、インプラントオーバーデンチャーという、小さいインプラントを顎の骨に埋め込み、その上に入れ歯を装着させる治療が可能です。詳しくは動画をご覧ください。



 

新着情報

一覧を見る

2017/12/17

1月6日(土)午後は、正月休みの振替診療を行います。
また、1月11日(木)1月8日(祝)の振替診療を行い、1月13日(土)は院長研修会のため休診で、その振替診療を1月20日(土)午後に行います。

2017/12/15

12月23日(祝)の振替を28日(土)午後に行います。
年末年始の診療については、12月29日(日)午前まで診療し、年明けは1月4日(木)から診療を行います。

2017/11/24

11月25日(土)午後11月23日(木)の振替診療を行います。

2017/11/11

本日11月11日(金)は院長研修会のため休診とさせて頂き、11月18日(土)午後に振替診療を行います。

2017/10/07

10月12日(木)午後休診とさせて頂き、10月9日(祝)振替診療を行います。
また、10月14日(土)は院長研修会のため休診とさせて頂き、10月21日(土)午後振替診療を行います。

アクセス



〒738-0014
広島県廿日市市住吉2-2-27
WINGビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら