ホーム > 親知らず抜歯

親知らず抜歯

親知らず抜歯
研修医時代から親知らず抜歯の技術を磨いたドクターが難症例にも対応
CTによる3D精密画像で親知らずの状態を正しく把握して適切に判断

親知らずについて~お口の中で歯がおしくらまんじゅう状態に!?~

親知らずについて~お口の中で歯がおしくらまんじゅう状態に!?~
永久歯が生え揃ってしばらくたった後。
20代になると、奥歯のまだ奥の方、歯茎の下から親知らずが頭を出しはじめます。
食環境の変化からでしょうか。
日本人の顎は一昔前に比べて、小さく細くなってしまい、それに伴って親知らずがきちんと生えられるスペースはなくなってしまいました。

今や親知らずは窮屈そうに難しい角度で生え、抜歯の難易度も高くなっています。
その他にも、キレイに生え揃っている歯をぐいぐい押して歯並びを悪くしてしまったり、隣の歯を磨きにくくして虫歯にしてしまったり、中には生えることなく歯茎の奥でずっとくすぶっている場合もあります。

親知らずの状況はまさに十人十色で、正しい治療のためには一人ひとりの症状を正しく把握することがまず必要となってきています。

スムーズな親知らず抜歯のために

スムーズな親知らず抜歯のために~CTの精密画像で神経との位置関係を正確に把握~
できるだけ患者様の負担を抑え、短時間で親知らず抜歯を行うために、ピカピカ歯科医院では、デジタルレントゲンやCTで親知らずと神経、骨の位置関係を精密に分析します。
そして、診察室に備えられた大きな画面で患部を見ながら、ドクターが患者様に状況を説明し、相談しながら治療方針を決定します。

炎症が起こって痛みがひどい場合には、しばらくお薬を服用して頂き、落ち着いてからの抜歯の方が、その後の経過が順調となる場合が多いです。

患者様の心理的負担を考慮し、抜歯はなるべく痛みがなく短時間で行えるよう万全の体制で臨みます
親知らずを抜いた跡の根っこ部分は骨が修復していき穴をふさぎますが、 年齢を重ねるごとに骨も堅さを増し、機能も徐々に衰えていきますのでなるべく若い頃に対応しておくことをおすすめします。

自覚症状がなくても予防的に親知らずを抜きたいという方もぜひ一度ご来院ください。
親知らず抜歯は保険適用です。

歯牙移植について~抜いた親知らずを別の部位に移植活用~

歯牙移植について~抜いた親知らずを別の部位に移植活用~
骨には欠けた部分を補おうとする修復機能が備わっています。
抜いた親知らずを別の部分に移植し、再生させるのが歯牙移植です。

事故など不測の事態に誤って抜けてしまったり大きく欠けてしまった場合や、虫歯の悪化で歯を抜かざるを得ない状態になってしまった場合などに、ご自身の歯による歯牙移植という選択ができます。
移植後は約半年間、骨の修復状態を見ながら経過を観察します。

親知らずの歯牙移植には保険が適用されます。

新着情報

一覧を見る

10月8日(祝)の振替診療を13日(土)午後に行います。

2018/10/09

10月17日(水)は3歳半健診のため午後を休診とさせて頂き、振替診療を10月18日(木)午後に行います。

2018/09/21

9/17(祝)の振替診療を9/22(土)午後に行い、9/24(祝)の振替診療を9/27(木)午後に行います。

9/1(土)は院長研修会のため休診にし、振替診療を9/8(土)午後に行います。

2018/07/31

お盆休みは8/11(土)〜8/15(水)となります。振替診療が8/9(木)8/18(土)午後となります。

アクセス



〒738-0014
広島県廿日市市住吉2-2-27
WINGビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら